奈良印傳(印伝)とは

写真

印傳(印伝)とは~奈良印傳の歴史と由来~

印傳(印伝)とは、鹿などの皮をなめした素材に染色を施し漆で模様を描いたもので、カバンや小物入れなどの素材に用いられています。

奈良印傳は、天平工人の技によって奈良時代に製作されたのが始まりです。
印傳唯一の国宝も、東大寺(奈良)に残っており、また、正倉院の宝物の中にも印傳の技法を用いた蔵が残されています。
時代とともに鹿革の揉製技術も改良され、武家時代になると武具に使用されはじめました。なかでも甲冑には「本燻染(ほんくすべぞめ)」という特殊な染色法を用いて絵模様を染め上げ使用されていました。

この奈良印傳の技法を、印傳工房南都が四十数年にわたり研究試作を繰り返し、現在に蘇らせたのが奈良印傳です。
焼きずりの技法を用いた後、染色した鹿革に漆での捺染(なっせん)を施し、気品と優雅さを備えた奈良印傳の製品は特に近年広くご愛用いただいております。
使いこむほどに手に馴染む逸品、奈良印傳をどうぞご愛用くださいませ。

印傳博物館

全ての作品を見る >>

写真写真写真写真写真

正倉院宝物にも印傳が現存

正倉院の宝物の中にも印傳製品が現存しています。
印傳工房南都では、正倉院宝物の印傳を用いた鞍「素地桑鞍」に絵描かれた紋様を、当工房の技術に
より印傳製品として再現いたしております。
その技術は高く評価を受け話題になり、NHKでも放送されました。

写真

鹿革を焼きずり(熱したコテをあてやすりでけずる処理)をした時に出た粉で漉いた紙

かつて存在した鹿革の繊維で漉いた紙

印傳工房南都では、かつて存在した鹿皮の作られた紙を、鹿の皮の繊維を、水にほぐし紙のようにすきあげる技法により、再現に成功しました。
現在の紙が発明される以前に、鹿革を使った「紙」と同種のものがあり、これに書いて(印刷)して伝(傳)える技術があったと推測されています。「印傳」なる呼名もこういった過程から来ているのかもしれません。
また、紙製造の工程にある「漉く(すく)」という漢字に「鹿」という字が入っているのは、古くに鹿革で紙が作られていた名残とも言えます。
当工房で再現したこの鹿革は、歴史ロマンに思いを巡らすことの出来る貴重な品なのです。

※当サイトでご注文の際、注文画面の備考欄に「鹿紙希望」と書いていただいた方へは、特別にこの貴重な鹿紙をプレゼントいたします。(数量限定)